「徳」のはなし

名古屋の個人投資家座談会に参加して、一番びっくりしたこと。
それは、投資法でもなければ考え方でもなく、パネラーと投資家のみなさまが「運」を大切にしているところ。

お金関連の神社にお参りにいったりするそうな。

理系人間の自分にとっては、およそ考えられない習慣だったが・・・こういうところも見習っていった方が良い気がしてます。

NHKの「ねほりんぱほりん」という番組でも、宝くじで億万長者になった人は総じて、「日々、徳を積む行動」をしていると。むむむ。。

「与えよ、さらば与えられん」は真実なのか。

また、理論とは全然言えないものの、島田紳助氏の「松伸」での話が、ネタとはいえ面白い考え方だと思いましたね。

いわく、「徳を積むと、来世も人間になれる。うまくいっている人は、人生を何度も経験している。だからうまくいくのは当然。逆に周りの事を何も考えられんやつは、まだ人間が1回目なんだから勘弁してやろう」

まあ本人は色々問題おこして芸能界は引退しましたが、考え方や方法はどうあれ、外界からの刺激に対して、自分をコントロールして寛容になれるのは良いことだし。。

また、TEDで見たアダム・グラント氏の話でも、大きな成功を収めるのは、ギバー(Giver, 与える人)であると言うし、マイケル・ノートン氏の研究でも「お金は自分のために使っても幸福度は上がらないが、人のために使うと幸福度が上がる」と。

ただひたすらに利益を追求するだけでなく、そうやって幸福度をあげて、自分のことを少しでも良いと思える人生って、結構ステキだなと思ったり。

ということで今年は、少しでも徳を積めるように過ごしたい。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。