AIだ!IoTだ!セミナーに行ってみる

AI IoT セミナー

話題となって、かなり経ちますね。

人工知能(Artificial Inteligence)と、モノのインターネット(Internet of Things)。

両方とも技術の概要は分かっているんです。

AI, 人工知能は、人間が学習する手法を真似た仕組み(神経回路のつながりを模倣)で、機械に学習させる方法。これは自分の出身研究室でも研究していました。ニューラルネットワークというやつですね。

IoT, モノのインターネットはその名の通り、PC以外のあらゆるものがインターネットに繋がる世界。電話がインターネットに繋がったらiPhoneだし、鍵がインターネットに繋がったらスマートキー(スマホで解錠できる鍵)となると。

まあ未来はいくらでも描けるのですが、実際投資に活かすとなると、企業がどう動こうとしているのか、が大事なんですよね。でかい資本のやることで経済は動いてしまいます。

ということで、AIxIoTセミナーに行ってみました(有給休暇取得)。受講料9800円もかかりましたけど(o_o)

Panasonicのお偉いさんが出るというので、まあそれくらいの価値はあるかなと。

学んだこと

細かい所は有料セミナーなので内容は書きませんが。。

製造業としては「マスプロダクション」が「マスカスタマイゼーション」になる、という所が革命となりそうですかね。

標準化した設計をして、工場で大量生産という時代は終わり。服を例にとれば、画像があればAIが学習して、お客さんに合ったサイズや形状にデザインして、それをロボットが作って、個人に最適化された製品が出来上がると。工員なんて必要ないですね。

事業としては少しずつそうなっていくでしょう。いち早く取り入れるのは、どこでしょう。資本の大きいユニクロか、全然違うメーカーか、、

その他、市場規模の拡大で言えば、広告とセキュリティの分野も有望ですか。

テレビの視聴時間の8割は、40代以上の人が見ているらしい。20代以下の若い層はインターネットが当たり前という時代というのは分かっていましたが、こうも変化が激しいのですね。

分かり切ってることですが、もうテレビは終わったコンテンツということです(それなのにまだ8Kとか言って、画質を良くすれば売れると思っている家電メーカーさま・・・)。

余談ですが最近の新入社員はPCを使えない人が多いとか。家にスマホはあるがPCはない、というのも当たり前と。

で、広告市場も新聞・雑誌・テレビからインターネットへシフトしていくので、ネット広告の需要拡大はまだまだ続いていきます。市場拡大期には企業数が一時的に増えますが、どれが生き残り、どれが淘汰されるかを見極めるのが投資家の腕の見せ所です。売上の伸びとか利益率とか、シェアとか顧客への浸透度とか会社の姿勢とか、細かく見て行くしかないですが、、成長度で言えばGunosyとかが筆頭ですかね?今は・・・

セキュリティも、あちこちインターネットに繋がるので、WannaCryみたいなランサムウェアは脅威を増します。結局、価格(株価)は、短期でも長期でも「需要」なので、需要が拡大するトレンドには乗っかっておいて損は無いんじゃないかな。

そんなところでおわり。

自分はこういう知的刺激が好きみたいです。
また投資に役立ちそうなイベントは行ってみよう。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。