小型成長株2銘柄から学んだ事

キャリアもインソースも、朝方にガクっと下落したと思いきや、両者ともプラ転して、上昇したまま引けました。ガツガツと押し目買いされているのでしょうかね。心強い。

両方とも浮動株数が15%と低いので、供給が少ない分あがりやすいのかもしれません。

この2銘柄で学んだことは、小型グロースはPERが高くても関係無く上がること、市場が弱い日にも下がりにくい株はその後に上がりやすいこと、浮動株数が少ないと売りがすぐに出尽くしてあがりやすいこと、、、などですかね。短期で売ってくれる人がいるからこそ、上がるってもんです。あとはフリーキャッシュフローが稼げている会社は、ちょっと評価高めにすることですかね・・・。

何かの本で「結局は値上がりしているか、値下がりしているか、その事実が一番大切」という内容があり、ホンマかいなと思っていましたが・・・これも検証できた気がします。好ファンダメンタルズ銘柄を40社ほどウォッチしていますが、下がるヤツは下がるし、上がるヤツは上がる。成長率や利益率と株価は完全には比例しない。

株価は、どんな指標よりも一番先行している指標であるそうです。およそ1年くらい先を織り込むとか(単なる目安でしょうけども)。

保有している小型成長株が上がるということは、まだこない未来を、一足先に見ていると言えるかもしれません。なにそれロマンチック。

30年後に定年した時に、キャリアの人材紹介でお世話になれたら良いですね。時価総額数千億になっていたりして。5000億になったら、夢のフィフティバガー?

あるいはリクルート等の人材大手にあっさり潰されるか。。ありうる。。

いやそもそも、その頃には株式投資で成功し、不労所得で悠々自適な暮らしをしているのでした。いかんいかん。

あとは優待。優待あるのは後から気づきました。何ともジジくさい優待なんですよね。。健康食品詰め合わせとか、30代前半の自分にゃまだいらないんですけども。来たらどうしよう。子供が幼稚園に行くようになったら、バザーに出しちゃえばいいか。

いや、そんなモノを持たされる子供が可哀想か・・・?

sho-std

子供が悪い事したら、しつけに青汁を飲ませたらどうかな!?

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。