高値になった後に買うという行為

かずにゃんです。

今日の保有株は、全体的に株高でした。

上がる時は全部上がるし、下がる時は全部下がるものですね。

・SBI

成長銘柄を買っているSBI証券の株は、買い増したインソースがタイミングよく上がってくれました。ラッキー。キャリアとどっちを買い増ししようか悩んだのですが、営業利益率でインソースを選びました。

あとは株価チャートで、ボラティリティが下がって収束してきたのと、売りが出た日に出来高が少なかったので、短期的な売りは出尽くしたかな、と思っています。

11月の終わりに100万株近い出来高で株価が伸びているので、機関投資家が入って来たのかな、と推測しています。時価総額が100億を越えると機関投資家が入ってくる、なんていう話も聞きますね。

中長期投資にはあまりテクニカルは必要無いという人もいるかもしれませんが、買い増すタイミングを計るには良いと思っています。

暴騰して高値になった銘柄は心理的には手が出しにくいものだと思います。

個人的には、ファンダメンタルがしっかりしていて、長期投資をするつもりであれば暴騰後でも買うのは怖くないと思うようになりました。

きっかけは、ここ2年ちょっとでテンバガーとなった「ディップ」です。

2014年頃にウォッチリストで監視はしていたのですが、下がったら買おう、下がったら買おうと思っている内にグングン株価が上がり、悔しい思いをしました。

この失敗経験が強烈に印象に残っています。

強く上がる株は、いつ買っても高すぎることは無いのだと。「高いから安くなったら買う」というスタンスは、急上昇を逃すことになると。

高いか安いかを判断する時、直近株価が上がっているかどうかで決めるのはやめました。

それよりも「将来成長した姿」を描いて、それに対して時価総額が低いかどうか、を判断基準にしています。

・クリック

優待目的で保有しているので業績度外視なのですが、成長株が調子の良い時は、そちらに資金をまわしたくなりますね。。

ちなみにコロワイド傘下の「かっぱ寿司」業績絶不調ですが、向こう数年で巻き返すと思っています。普通にかっぱ寿司、リピートしていますので。。

個人的な成功パターンでもあるんですよね。過去、ペッパーフードが食中毒を起こして暴落した後に買って、「いきなりステーキ」で復活した時に売った経験があります。

かっぱ寿司の株買おうかな・・・。100株13万円で年間6000ポイントなら、まあまあ良いですよね。よし、そうしよう。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。