【読書】LIFE SHIFT

LIFE SHIFTという本を読みました。

LIFE SHIFT

人口・年齢構成が変わり、今の働き方は成り立たず、新しい働き方を見つけないといけないよという本です。

経営思想者”Thinkers50″に選ばれている、リンダ・グラットン氏の著書です。

印象に残った点は、寿命について。

ピリオド寿命とコホート寿命

日本人の寿命は80歳と言いますよね。

これは、現時点での寿命が80歳ということです。
“ピリオド寿命”と言います。

では、今30歳前半の自分の寿命も80歳か?というと、そうではありません。
平均寿命は、10年間で2〜3歳、右肩上がりで増えているそうです。

これを自分の年齢に当てはめてみると、寿命を迎える50年後には、10〜15歳、寿命が伸びていることになります。この考え方がコホート寿命。つまり自分自身の寿命は、80歳ではなく、90歳あたりを考えておかなければいけない。

一方の年金制度は、成人10人で老人1人を支える時代から、自分が支えられる側になる頃には、成人10人で老人7人を支えるような事に、このままだとなってしまいます。

“長生きのリスク”なんて最近聞きますが、年金は貰えない、寿命は伸びる、となると年齢を重ねても働かざるを得ない環境が、今後出来上がって行くことになります。

これに対応するため、著者は新たな働き方を提案している訳ですが・・・。

自分の場合は働く視点を変えて、やはり長期の複利効果を使って投資をするのが大切なんじゃないかな、と思いましたね。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。