キャッシュフローゲーム

かずにゃんです。

「金持ち父さんシリーズ」で紹介されている、キャッシュフローゲーム。

個人投資家を集めて、このゲームをやる会に参加してきました。

キャッシュフローゲームの主催者の中には胡散臭い人もいて、ネットワークビジネスに勧誘するような団体もあるようです。

自分が参加したところは、予め色々調べて安全だと判断したので、参加しました。雑誌で頻繁に取り上げられていましたし、Twitterの発言やフォロワーさんを見ても、特に怪しそうな感じはしませんでした。

実際、ほんとに投資好きな人の集まりなだけでした。

キャッシュフローゲーム会

会場である公民館に到着すると、参加者は既に20名くらい着席済。
最終的には、総勢40名近くいたと思います。

自分のグループは1ボード6人体制で、自分を含む2人が初めて。

ゲームをするグループと、投資話に花を咲かせるグループに分かれた、活気のある集まりでした。

ゲーム内容

ゲーム自体はすごろくや人生ゲームです。

サイコロを振って、止まったマスに応じて、お給料を貰ったり、カードを引いたりして進めます。

自分は「ビジネスマネジャー」からのスタート。
カープファンなので赤い駒を選びました^^

第一のゴールは、不労所得を支出より多くすること。

現金(おもちゃの紙幣)を株や不動産を通じてうまく増やし、ビジネスを買ってキャッシュフローを増やします。第一ゴールを達成するまでは、大きなゲーム盤の内側の、小さな世界(ラットレース)をグルグルと回り続けます。
不労所得>支出となると、ラットレースを抜け出し、外の世界に行けます。

第二のゴールは、予め決めた自分の夢(一生釣りをして暮らす、とか)のマスに止まるか、キャッシュフローを+5万ドル増やすか。

これを達成すると「上がり」となります。

ゲーム所感

投資話組の人の中には、ゲーム経験済にもかかわらず、キャッシュフローゲームに尻込みしている人が何人かいました。前回、難しくて嫌なイメージしか無かったのかもしれません。

ビジネスの仕組み、財務諸表の形などが理解できないと、難しいのかもしれませんね。自分はその辺りの知識の下地があったので何とかついていけましたが。。

あとは何と言っても、上手い人と複数名でやることですね。
同じルールで動いているのに、上手い人はどんどんお金を増やしていきます。

それを見て悔しいと思ったり、やり方を真似て吸収していくことで、自分も上手くなっていくことができます。

これが実際の投資に役立つか?というと、最初のとっかかりには良いですが、ある程度のレベルまで達すると、ただのお遊びになりそうです。そもそも良いカードを覚えてしまったら、あまり考えることも無いですし。。。

とはいえ、3時間がっつり熱中しました^^;

さすがに会社の友人とこういうゲームはできないですね。。やりたいのはヤマヤマですが、財務諸表やキャッシュフローという言葉自体が通じないと思われます。。

投資の勉強会

最後は、主催者さんが投資のセミナーを開いてくれました。

株を選ぶときの投資スタイルや、経験談など。

やっぱり成功している人の話を聴くというのは、勉強になります。でも話している内容は結構、良い書籍には書いてあることが多かったです。

最終的には、「経験が必要」と話していた所も納得でした。

また参加したいけど、ちょっと遠いんですよね。。交通費かかるし。。
でも総じて満足でした。

胸を張って投資家と言えるように今後も勉強して、経験を詰んでいきましょ。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。