変革のはなし

かずにゃんです。

自分に続き、今度は妻が車をこすりました。
去年買った新車、はやくも2度目の修理中です。。凹む。

変革

都知事選

小池さんが当選したみたいですね。何となくそんな気がしていました。

鳥越さんは発言がボケたじいさんだったので論外、増田さんはちょっと信念みたいなところが弱かったですね。個性が無いというか。

小池さんのやり方は、自民党からは不評でしたが、ここ一番で自力で勝ち切れると踏んだ決断力・判断力が活きたのかもしれません。

ただ小池さんが適当かと言うとそんなことはなく、個人的には「その職の経験」が無いとダメだと思っています。なので、副知事で経験を積まないと知事になれないとか、そういうルールが必要だと思います。

優れた選手がいきなり優れた監督にはならないように、防衛相だろうと総理だろうと、知事職は素人から始まるものです。

投資について

基本的に、株優研ブログで書いている内容通り、ファンダメンタル重視の長期投資スタンスでやってきたのですが、最近、もっとやれることがあるのではないか、という気持ちでいました。

「目的を達成した将来の自分の姿」を想像したときに、今の方法を続けるだけでは近づけていないような感じがあります。

そんな中、いま売れているDUKEさん他の書籍を読んで後押しされたこともあり、少しテクニカルの部分も勉強してみようかなと思っています。

いくつか理由はありますが

・「良い企業を買って長く持つ」という長期投資は、大きな財力があるバフェット氏のようなタイプや、経済圏の大きいアメリカ株には適合するが、日本株には必ずしも当てはまるとは言えないかもしれない

・現代の情報化社会における株式相場では、トレーダーの存在が圧倒的で、その人のやり方や知識を知らないのは単なる無知ではないか

といったあたりです。

DUKEさんの書籍の中では「ファンダメンタルだけでは上手く行かなかった」という経験があったり、他のトレーダーの書籍では「ファンダメンタルは一切見ない、見るのはチャートのみ」というスタンスの人もいました。その人も、かつてはファンダメンタル重視の投資を経験したようでした。

自分のこれまでの投資も、成功への正しい過程だと良いのですが・・・。最終的にファンダメンタル投資に戻ってくるかもしれませんが、トレーディングについても、しばし勉強してみます。

事実として、トレーディングで長期間成功している人がいるということは、その道のプロフェッショナルにしか見えない世界があるのではないか?という「仮説」を検証してみたいのが最大の理由かもしれません。

仕事

仕事についても、ここ2年くらいやっていた業務から、少しチャレンジングなテーマを手がけることになりました。

しばらくはルーティン的な業務だったのですが、今回はそれと並行して、自分でアイデア出しから実行まで、全てを手がけないといけないので、期待半分、プレッシャー半分ですかね。

仕事で帰りが遅くなると、子どもにも会えないし、奥さんも大変なので、あまりやり過ぎたくはないですが・・・。悩ましいですね。

しばらくは兼業投資家が自分の短期的な目標でしょうか。。

長期的な目標として、不動産投資もやりたいので、今の一部上場企業社員という立場は、捨てがたいんですよね。。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。