最近の投資と考え方と

かずにゃんです。

娘がクツを履いて歩けるようになりました。うれしい。

伊集院光さんの新ラジオ番組が始まりましたね。うれしい。

最近の投資について

日経平均16000円割れまで落ち込んだ時に若干買い増ししましたが、いきなり反発しましたね。やれ円高だ何だと叫ばれている時に買うというのは、解釈によっては逆張りとも言われそうですが、投資の基本のきは「割安で購入すること」なので、自分では基本に忠実な行動と思っています。

基本は理解できても行動には移しにくい

そんな分かり切った基本があるのに、いざ行動!ってなかなか出来ないものです。やはり相場が落ち込み、どのニュースも「株安、株安」と言うと、不安になって様子を見ようとする心理作用によるのでしょう。。これを克服するのが鍵ですよね。市場の動きと心の動きを、もっと上手く切り離せるようになりたいものです。

割安ってどういうこと?

割安なものを買うっていうけど、何をもって「割安」と言うのか?ここが投資を複雑にしている気がします。答えは当然、企業価値よりも株価が安ければ割安なのですが。。

その企業価値の計算が難しいので、結局は「PERが低い株」みたいな、誰でも理解できるような指標に頼ってしまうのでしょう。

「株式投資でお金持ちになれる人が数%しかいない」ということは、「みんなと同じことをしても成功しない」という証明なのですけどね。。みんなが使っている指標をこぞって使いたくなるのは何故なのでしょう。

価値に対する身近な感覚

コンビニやスーパーで買い物をすると、無意識的に「あ、これは高いな」「これは安いな」と判断しますよね。

「商品に対して、価値を見積もって、値段と比較して安いか高いかを判断する。」というプロセス。

株式投資も同じだと思います。
「銘柄に対して、価値を見積もって、株価と比較して安いか高いかを判断する。」

割安なものを買えれば、良い買い物(良い投資)である。こんな単純なプロセスが、複雑に見えてしまうのが投資の世界です。

そもそも価値って?

会社の上司(マーケティングに造詣が深い人)はこう言っていました。

「価値とは、人が財布に手を伸ばし、お金を取り出して支払うという行為の、その動機である」

食品の場合、美味しさだったり身体に良かったりという効果に対して、価値を感じてお金を払う。これは分かりやすいですね。

投資の場合、価値は企業の成長性、収益率、配当、優待・・・と要素が多いので、評価が難しいのでしょう。難しいなら、勉強して詳しくなれば良いだけのことですけども。。そしてそれが、大多数の”負け組投資家”との差別化要素になると。。

投資とトレードは明確に違う

個人的には、この2つの言葉をちゃんと使い分けることが大切だと感じています。短期の売買は「トレード」なんですよね。「トレーダー」と「投資家」は毛色が違います。

このニュアンスは、ウォーレン・バフェットの言葉によく現れています。「株式市場は短期的には人気投票だが、長期的には価値測定器である」。

どんなに良い価値を感じられる株でも、人気投票で必要以上に高値がつくと、株価は下落して損失を出してしまいます。

人気投票の世界で売買しているのか、価値の世界で売買しているのか、このあたりがトレーダーと投資家の違いかな、と思います。ここも意識しておきたいです。

今後のブログ

自分は「投資家」としての力を磨きたいと思っています。

ここまでブログを続けてきましたが、今の所「投資」ではなく、「分析」が目的になっているなぁ、と思っていて、軌道修正中です。

今はブログ更新頻度を若干犠牲にして、分析スタイルをもっと実用的な形に変更しようとしています。分析家じゃなくて、長期投資に使える情報にまで落とし込みたい。。

フォーマット自体はほぼ完成してきて、あとはROICとWACCの計算を入れるかどうか?という所です。財務分析なんてこの前始めたばかりなので、この計算は難しいですねぇ。いや、計算は難しくないのですが、扱う数字が曖昧すぎて、精度が高いのか低いのか・・・。

財務分析にもう少し詳しくなれたら、また株の授業カテゴリーの記事も書けそうですね。まあ浅く広くですが。。

投資に役立つ記事にするには、最終的に「相対評価」をしないといけません。ここも悩みどころですね。一覧表で比較できる形がベスト・・・?エクセルシート添付か、上手く固定ページに載せられるか・・・??

まあ気長に続けていければ良いですかね。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。