ファーストリテイリング、業績不調

ファストリ業績不調

かずにゃんです。

ファーストリテイリングの業績が悪かったようですね。
純利益半減だとか。

円安ショック

これまでは円高の恩恵を受け、長年好業績を残して来たファーストリテイリング。

ファンダメンタルズの伸びを見て、バフェットが言う「消費者独占型企業」である、という見方もありましたが、衣料品自体はどこでも作れる、「コモディティ型」の商品ですね。

値上げに耐えられなかった事が、価格勝負をしないといけないビジネスであるという事を証明した結果になってしまいました。。

経営者が優秀なので、業績はすぐに戻ると思いますが、政府の思惑通りのインフレ率に今後なるとすると、値上げは余儀なくされますので、そこが不安要素ですかね。

現に塩やら小麦粉やらは値上げラッシュですから。。

以前、ファストリの株分析をバフェット本の分析練習にやった時にも書きましたが、やはりユニクロの価値はコストパフォーマンスなので、そこが崩れると弱いですね。

純利益半減予想ということは、単純にPERが2倍になりますので、ショックも大きいですし、「値がさ株」なので日経平均への影響も大きいです。昨年8月には株価6万円だったのに、今はもう2万6000円ですか。。高値掴みしてしまった人、御愁傷様です。。

やはり株は、どんなに良い企業でも割安で買わないと投資になりません。

コストパフォーマンス第一といえば、日本マクドナルドも同じだと思いますね。。今のマックは高すぎて食べる気になりません。

とまあ顧客にはすっかりデフレの価格グセがついているので、これを払拭するのはなかなか難しそうです。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。