「ガチャ課金、上限5万円」の記事はウソ?

かずにゃんです。

野球シーズンが始まってしまったので、
株より野球野球!というテンションな毎日です。
こりゃイカン。

ガチャ課金ニュース

ゲーム関連アプリの収益源である課金。
数日前にこんな記事がでましたね。

「ガチャ」課金、上限5万円に 業界団体が自主規制へ:朝日新聞デジタル

スマホ向けソーシャルゲームで高額な課金が問題になっている有料くじの「ガチャ」について、業界団体「日本オンラインゲーム協会」は24日、課金上限額を5万円とし、当たりの確率を明示することなどを柱とした自主規制をまとめた。

パズドラヒット→ガンホー株爆上げに端を発した、ここ2〜3年のアプリ株ブームは一服しましたが、任天堂もWiiU大爆死で生産完了など、時代は確実にスマホ、スマホとなってきています。VRの浸透で若干据え置きハードも盛り返すでしょうけども。

ということでアプリ株に投資する人にとっては大問題なニュースですね。
(長期的な収益性を確約できないので、個人的には投資と呼びたくないですが)

記事、一部否定される

一方で、日本オンラインゲーム協会は下記のようなコメントを出してきました。

JOGA、「ガチャ課金ルール改定」報道を一部否定 「ガチャ上限5万円」は2012年時点から存在 – ねとらぼ

同ガイドラインをめぐっては3月24日、一部のまとめサイトやニュース媒体が「『ガチャ』課金、上限5万円に 業界団体が自主規制へ」などと報道。しかし報道内容にあった「アイテムごとに個別の確率を明記する」「入手にかかる推定金額は最高でもガチャ1回あたりの課金額の100倍以内、もしくは5万円以内とする」といった自主規制ルールについては2012年時点で盛り込まれており、すでに運用されているものとなります

まあネット記事では、よく裏を取らずに書いちゃうのはよくある話ですね。
メディアリテラシー(笑)

JOGAってそもそも何ですか

初めて聞きましたが、そんな団体があるんですね。

ガンホーやmixiといった有名所の名前が会員一覧に載っているかと思えば、コロプラは入っていませんでした。情報交換会みたいなコトをやるらしいですが。。

加入していない団体は「余計なことすんな」とか思っていたりして。。

80:20の法則よりもっとひどい

スマホゲームの収益の半分は全ユーザーのたった0.19%が支えていることが判明

調査を行ったSwrveによると、課金ユーザーは全ユーザーのたった1.9%で、約98%のユーザーは無課金でプレイしていることが判明。また、1ユーザー当たりの平均課金額は1カ月で24.66ドル(約2790円)となっています。全体の約98%は無課金ユーザーであることを考えると、課金ユーザー1人で相当な額を課金していることがわかります。

よく、「20:80の法則」「パレートの法則」の例として、集団内の2割の人間が、収益の8割を稼ぐのだ、なんて使われますが、課金ユーザーはたったの2%ですか。。
さらにその収益の半分はたったの0.19%が支えていると。超コアなファンですね。

それでも、モンスト・パズドラあたりはアプリの売上げランキング上位にずっと居座っていますし、中にはプレミアムガチャの為に10万円使った、みたいな話も聞きますね。。

そう考えると、上限5万円という自主規制は守られているのか怪しい気がしますね。
何個がソーシャルゲームはやりましたが、5万円なんて聞いたこともないですし・・・。

初心者-キラキラ

最近は室長の奥さんがハマってる
セーラームーンのパズルゲームを、横取りしてやってるよ。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。