16年2月のお給料と人生のマネープラン

かずにゃん@社畜です。

今月もお疲れさまでした。

お給料

額面35万円、手取りは26万でした。

残業は13時間と少なかったので、その分LINEスタンプづくりやブログ執筆が出来て満足な月ではありましたかね。毎日娘を寝かしつけることもできました。

住民税

住民税が2万数千円なのですが、
昨年はふるさと納税をしたので、6万円くらいは年間安くなる・・・予定。
いつから安くなるんでしょう?

消えて行くお金

家賃・生活費モロモロで奥さんに22万円でやりくりしてもらっているので手元に残るのは4万円です。
ここから食費やらNHK受信料やら自動車税やら、奥さんの妹の結婚式のご祝儀代を引いて行ったら・・・
全然手元に残りませんね。というか赤字?

まあ22万円の中から、将来旅行に行くための貯金をしているらしいので、貯金は任せておきましょう。

来月には新しいLINEスタンプを販売するので、少しはお小遣いが入りますかね。。

人生のマネープラン

みなさんは、人生のマネープランを考えたことはありますか?

僕は90歳まで、自分の資産がどう動くか?を表計算ソフトでシミュレーションしています。
エクセルではなくLibreOfficeを使っています。(タダなので)

毎年の予想収入から予想支出を引いて、予想貯金額を出して、足し合わせていった結果が下記です。

money-plan

シミュレーション条件

・平均的に出世して、65歳定年
・妻1人、娘1人
・住宅ローンは組まない
・年金はもらえない

収入に含めたもの

サラリーマンとしての月給手取り、ボーナス手取り、児童手当、家族手当

支出に含めたもの

家賃、生活費、保険料、お小遣い(妻、娘)、医療費、服飾、美容室、お年玉、車検、自動車税、NHK受信料、ガソリン代、学費、、

資産が増える時期

僕のケースでは40代中盤まで。
娘が中学生の間はなんとか毎年100万程度は貯金できます。
高校に入ると、一気にお金がかかりますね。。

資産が増えない(減る)時期

僕のケースでは50代前半。
娘が大学に行く時期です。一番お金がかかります。
2033年〜6年間は、横ばいですね。(大学院進学の想定)

この頃に車が欲しいとか言い出すんでしょうねぇ。。そこはシミュレーションに入れていないので、もっと減りそうです。

子供がもう一人できたら、カツカツですね。そうなったら奨学金で進学してくださいませ。

独り立ちした頃には収入も高くなっているので、急角度で貯金ができる予定です。

資産のピーク

このまま今の職場だけで働いて、今のペースで収入があって、平均的な出世(管理職一歩手前まで)をしたとすると、資産のピークは、退職金を頂く65歳時に、貯金約6000万円になる計算です。

資産枯渇

年金は貰えると思っていないので、ピーク資産6000万円から、毎月33万円(ゆとりのある老後2人暮らしの生活費)を切り崩していくと、自分が83歳の時に、貯金は枯渇してしまいます。

わずか15年そこらで、6000万を食いつぶしてしまうんですね。ひえー。

その他のシミュレーション

今回のは「自分が投資運用せずに、一生サラリーマンでいる」ケースです。
新入社員から定年までの総額は、2億5000万円でした。

前は「生涯年収3億円」と言われたものですが、東証一部の社員でも、今は3億もいかないと。。ウチの給料が安いだけ??

実際には、他にも色々と検討しています。

  • 一戸建てを買った場合
  • 不動産投資を始めた場合
  • 株式投資で平均年率 xx% で運用できた場合

→最後のxxは色々と数字を変えられます。
例えば、年率30%というバフェット超えの成績だと、40台で資産3億円を突破します。そんなにうまくはいくワケはないですが、目標としたい数字ですね。

あとは1年ごとに、実績を反映しながら微調整していくのが大事ですね。

こうやってシミュレーションしている人に限って、事故ってデカい賠償金を払わないとイカンとか、大病を患って多額の医療費が必要とかになりがちなので、まずは健康第一を心がけましょう。。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。