荒れ相場における投資ファンドの動き

かずにゃんです。
ブログ開始時に書き溜めていたネタが尽きました。
また書き溜めないといけませんね。。

投資ファンドの動き

最近読んだ本に書いてあったことと、podcastの「東証+YOU」でレオス・キャピタルワークスの藤野英人氏が言っていたことが同じでした。

それは、「一般的に投資ファンドは大荒れや暴落相場の場合、ディフェンシブ銘柄にポートフォリオを移す」というものです。

「ディフェンシブ銘柄」とは、相場の影響を受けにくく、暴落相場でもあまり値が下がらない、いわば「安定した」銘柄ですね。

複雑な投資情報の海をさまようべからず

Aという状況で、プロならどうする、みたいな情報は世の中にごまんとあります。そのどれもがきっと正しいのでしょう。その人にとっては、ですが。。

ダメな例は、色々な情報に惑わされて投資方法をコロコロと変えることですね。その本では「投資の大罪」として、「グル(導師)信仰をするな」とも書かれています。

「ごまん」の情報の中から、自分の性格やスタイルに合う投資方法を探し、検証して、自分のモノにしていくというプロセス。これが大切ですね。

今回の場合も、「そうか、この相場ではディフェンシブ銘柄がいいのか」と鵜呑みにして同じような行動をするようではいけませんね。

自分の投資方法をハッキリと言えるようになって、初めて「投資」のスタートラインに立てるのだと思います。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。