投資リテラシーの低さ

2016年2月10日。先日の終値は15713円でした。

ちょうど1ヶ月前に書いた記事の中で
「株価は15400円まで下がるのは想定内」という記事を書き、
奇しくもその近辺まで下がってしまいましたね。。当たらなくていいのに。

下記記事タイトルで検索してきてくれた、愛らしい方々もいらっしゃるようです。
ありがたい^^

記事:日経平均の変動に対する心構え

投資リテラシーの低さ

「リテラシー」という言葉をご存知でしょうか?

「何らかの表現されたものを適切に理解・解釈・分析・記述し、改めて表現する」という意味に使われている言葉であり、現代的には、日本語の「識字率」と同じ意味で使われている。

-リテラシー – Wikipedia

頭に投資をつけて、「投資リテラシー」。
簡単に言えば、投資の理解度ですね。

日経平均の近視眼的な動きは、基本的に企業の成長や衰退とは関係のない、いわばノイズみたいなものです。

これに振り回されている人ばかりというのは、やはり投資に対する知識や理解度が低い・・・というよりも、投資と投機をはき違えている人が多いかな、という印象を持ってしまいます。

こうさせるのも、インターネットの普及で、誰でも即時に売買できたり、マスコミが調子良く「株長者」を特集したりすることが原因のひとつだと思います。

システムトレードや空売りの弊害もありますね。

システムトレードも結局、プログラムのアルゴリズム(ここでは売買基準の意)を考えるのは人間ですから、投機的に考える人間が多い以上、こういう荒れ相場は解消されないと思います。

株式投資とは何か

みんなは「資本を投げ売りしている」から「投資」なのかもしれませんね。。
今は笑い事じゃないか。

株式投資は「企業が価値を成長させる行為」への投資だと思うのですが、これを理解して投資している人は、この世にどれくらいいるのでしょう。

ファイナンスで言う「投資」

投資はファイナンスの立場で言うと

  • 将来のキャッシュフローを予想する
  • 将来のキャッシュフローを割り引いて、現在価値を求め、評価する
  • 現在価値が株価より大幅に低ければ投資する

というものです。

これは結局噛み砕けば、
「良い経営者が運営している、良い企業を買いなさい」
「価値に比べて大幅に株価が下がっている時に買いなさい」
なんですけどね。

しかし「価値」の評価ができないと、割安かどうかの判断はできません。

現在の価値と現在の株価は違う

「現在の価値」と「現在の株価」は違うものです。

とはいえ、株授業カテゴリのどこかで株価は価値とか書いちゃった気もします・・・(いずれ直します)

ファイナンスで定義される「現在価値」は、
「将来のキャッシュフローの現在価値の総和」ですね。

詳しくはDCF法などを検索いただくとして。。

ウォーレン・バフェットの投資手法が色々と紹介されていたりもしますが、結局のところ、目的は「企業が価値をどう成長させているか?」という点を見ています。

目的論と方法論ってよく混同されますけどね、どの世界でも。。悲しいかな。

株式投資の理想郷

誰もが高い投資リテラシーを持ち、投機には惑わされず、長い目で見て資産を確実に形成できる世の中が来て欲しいですね。

残念ながら、長期投資をうたう投資信託ですら、多くの構成銘柄を頻繁に入れ替えている現状です。どうしても毎期の投資成績を良く見せたがりますからね。

投資って、勉強すればするほど理解が深まるものだと信じています。
他人に頼らず、自分の人生は自分で責任を持ち、自分の資産は自分で育てる。

これを楽しみながら出来る世の中。ステキだと思うのです。

今は良い相場だ!買え買え!
今は流れが悪いぞ!売れ売れ!

なんていうのは、好きな人は良いですが、たいていの人にとってはストレスフルではないでしょうか。。

まとめ

2ちゃんねるの元管理人ひろゆき氏の有名な発言(であり、ネタ)に、
「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」
がありますが、投資も似てますね。

「投機は投機であると見抜ける人でないと(株式投資で成功するのは)難しい」

と。

何が言いたいか分からない記事になってしまいましたが、言いたいことは「みんなで安全にお金持ちなろうね!ギャンブルばっかりしてたらお金持ちになれないよ!」ってことです。

ではまた。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。