東芝の自己資本比率がとてもやばい

かずにゃんです。
父の友人は東芝に勤めていたと記憶しています。
もう定年過ぎていると思いますが。。

東芝やばい

はじめて株で大きな利益を出したのは、東芝株でした。
もう5〜6年前のことです。

ということで思い出の株です。
株は売ったら銘柄の事はスッパリ忘れろ、とは言いますけどね。。

さて、不適切会計(なぜ粉飾決算と言わないのか)で話題の東芝。
発表のたびに赤字がどんどん膨らんで行き、第三四半期決算では7100億円の赤字となりました。

自己資本比率は2.6%に落ち込んだそうです。

2.6%て。。
97%が負債となってしまいました。

せっかくコツコツ貯めて来た資本剰余金を、
あっさり食いつぶしてしまいましたね。

本決算では赤字1兆円を超しているのでは・・・? ;^_^

膿を出し切ってV字回復へ、とのことですが、どうでしょうね。

ウチは家電はパナソニック派なので、東芝製品にはあまり思い入れがありません。。
なので、この先復活できるかどうかも不安ですね。

年功序列のサラリーマン社長に経営力があるとは到底思えませんし、本当に終わるかもしれません。

現状維持の為に多くの投資が必要となる企業というのは、やっぱり安定性に欠けますね。

収益力のあるビジネスがいくつか残っている分だけまだ(シャープよりは)マシですが、大きく円安に振れたら一発ドカンな可能性もあるので、怖いですね。

創業者が泣いてますよ、ホント。。

企業の寿命は平均30年と言われる中、110年も続いた大企業。
正念場ですね。

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。