【7限目】配当性向ってどんな意味?

配当性向

ねこ研究員
前回の続きだよ。
配当金っていうのはね、会社の純利益から出ているんだ。
ねこ初心者
ふーん。じゅんりえき。
ねこ研究員
そう。そして会社の利益には2つの使い道があるよ。
ねこ初心者
使い道。。パーッと使っちゃお!
ねこ研究員
ダーメ。
ひとつは配当金や株主優待などで、株主に還元する道。
もうひとつは、会社が成長する為に再投資することだよ。

2つの道

ねこ初心者
いっぱい株主様に還元してよね!
ねこ研究員
ホントにそれでいいの?
ねこ初心者
だって、会社の利益はオーナーであるボクのものだよ!
ねこ研究員
会社がどういうものか、全く理解できてないね。。説明しとこ。

会社の成長のしくみ

ねこ研究員
ねこ株式会社を例に挙げるよ。「ねこパン」を作って売るとしよう。

パンを売る事業

ねこ初心者
パン屋さんだったの・・・?
ねこ研究員
ねこパンを作るには、人件費、材料費、設備費、光熱費などがかかるね。
ねこ初心者
人を雇って、材料を買って来て、パン焼き機で焼いて、販売するんだね。

経費が色々かかる

ねこ研究員
パンが売れれば、収入が入るね。これが「売上」だね。

パンが売れて売上げがたつ

ねこ初心者
もうかりまっかー
ねこ研究員
売上げから、パンを作るためにかかったお金を全部払うよ。ついでに、会社は法人税を払わないといけないから、税金も払うよ。


色々引かれる

ねこ初心者
ぎゃー、いっぱい引かれてる!
ねこ研究員
ここで残ったのが、純利益だよ。「当期純利益」とか言うね。
ねこ初心者
これが「利益」か。。ここから配当金と再投資の2つの道に行くんだ。
ねこ研究員
利益の全部を配当金にすると、会社はどうなる?
ねこ初心者
会社には何も残らないね。

全部配当

ねこ研究員
会社の経営、来年はどうする?
ねこ初心者
・・・また同じ事の繰り返しだよね。
ねこ研究員
配当金を払わなければ?
ねこ初心者
利益がまるまる残るよ。
ねこ研究員
これを会社が成長する為に使うんだね。たとえば設備投資するとか、優秀な社員を増やすとかかな。

再投資

ねこ初心者
株主還元ばかりに注力しすぎると、会社が成長しないんだね。
ねこ研究員
会社が成長しないと、配当金は増えないよね。長期投資のメリット、増配による利回りアップも望めないね。
ねこ初心者
再投資するか、配当金を払うかのバランスが難しいんだね。
ねこ研究員
そう!結局は利益を出せる会社を選ぶことが、株式投資の王道なんだ。
利益の何パーセントを配当金に回しているか、が「配当性向」だよ。

配当性向の図

ねこ初心者
ぱっつん頭でサブカルに詳しい・・・
ねこ研究員
それは、いとうせいこう さんの事かな。。式は下記の通りだよ。「1株あたり」というのはいずれ説明するからイメージだけ覚えておいて。

配当性向の式

ねこ初心者
いっぱい株主還元したら、利益の伸びが少なくなって、配当も増えなくなっちゃうもんなぁ。。悩ましい。
ねこ研究員
ウチの会社は配当性向××パーセントを確保します!と宣言する会社もあるから、会社のIR情報ページや経営者のコメントを調べてみてね。
ねこ初心者
はーい。
ねこ研究員
・・・さて、配当金についてはざっくり理解できたかな?次回は、「人類史上最大の発見」の話だよ。

次回:【8限目】複利を制する者は、お金持ちを制す

おわり

ブログ村ランキングに参加中です!レッツポチポチ!
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


スポンサーリンク
336
スポンサーリンク
336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。